日本薬理学会

本会は、薬理学に関する学理及び応用の研究についての知識の普及、会員相互及び内外の関連学会との連携協力により、薬理学の進歩を図るため、
1)学術講演会等の開催事業、2)Journal of Pharmacological Sciences等学術誌の刊行事業、3)研究業績の表彰事業、4)各国薬理学会との相互交流事業を行っている。
また、平成31年4月より内閣府の認可を受けて、薬理学の知識の普及及び研究水準の向上に貢献することを目的として、薬理学教育者に要求される資質、知識及び技量を持つ会員を『薬理学エデュケーター』に認定する事業を開始した。

back to page top