日本分子生物学会

分子生物学は生命現象を分子レベルで解明することを目 指して今日まで発展してきました。学問の新しい流れに 大胆且つ柔軟に取り組み、分子生物学という共通言語 を使ってボーダーレスに議論するために設立されたのが 分子生物学会です。この『学際的』で自由な雰囲気こ そが本学会のアイデンティティーとなっています。学術年 会を年1回開催するほか、学会誌Genes to Cellsを刊行、また高校への講師派遣、年会での高校生発表会等を通じて、次世代教育にも積極的に取り組んでいます。

back to page top