Message
代表挨拶

2019年-2020年 生物科学学会連合代表 小林武彦

2019年1月より生物科学学会連合(生科連)の代表に就任いたしました小林武彦と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
生物・生命科学は、発展著しい分野であり、また我々の生活になくてはならない食料・医療・生活環境にも深く関係している学問分野です。生科連は、生物科学、生命科学関係の学会が協力して、当該分野の研究・教育に関する諸問題、および社会との連携についての意見を交換し、分野の発展ならびに持続可能な社会の形成に寄与することを目的としています。現在、31団体が加盟しています。
今期、私は代表を仰せつかりまして、生科連で早急に取り組まなくてはならない問題として、特に次の3つを考えております。

  • 地球環境の悪化に伴う生物多様性減少の問題
  • 研究者の置かれている教育・研究環境の問題
  • 高校生の生物離れ、および生物教育内容・入試・用語の問題

1、地球環境の悪化、それに伴う生物多様性減少の問題

我々人類の生存にとって、さまざまな生物種が共存する環境が必須です。昨今の地球環境の悪化は、生態系のバランスを崩し始め、生物種の多様性を減少させています。生物科学が目指すさまざまな生物の生きざま、多様性、生体の維持機構の研究は、我々人類の生存を確保し、持続可能な社会を形成する上で必須です。生物科学の重要性そして、地球環境の大切さについて発信していきたいと思います。

2、研究者の置かれている教育・研究環境の問題

若手研究者のキャリアパス、任期制・定年制、研究・教育予算の不足、など平成の時代に始まり解決できないまま繰り越される問題について、研究者側からの意見を積極的に表明してまいります。これらの問題が放置されると、研究・教育の質が低下し、次世代に「考え、生み出す」力を継承することができなくなります。大変危惧しております。

3、高校生の生物離れ、および教育内容・入試・用語の問題

自然科学の知識は次世代に継承されるべき人類の重要な知的財産です。初等、中等教育においても、それらをバランスよく学習し基礎を固めることが、大切です。生物学に興味を持ちながらも入試の都合で生物を勉強しなかったり、生物を選択しても(生命現象の理解をするのではなく)単に暗記するだけでしっかり勉強しないというような風潮は問題です。21世紀は生命科学の時代と言われています。そこで活躍できる視野の広い人材育成に協力していきたいと考えています。

もちろんこれらの他にも、解決が急がれる問題は多々ありますが、上の3つについてはすでに手遅れになりかけており、一刻も早く解決への道筋をつけることが大切だと考えています。専門家集団としての意見を発信し、一般の方々、行政に訴えかけていければと考えています。  生科連が生物科学分野の一層の発展、そして持続可能な社会形成に貢献していくためには、参加学会のみならず関係する皆様のご協力が不可欠です。何卒よろしくご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

生物科学学会連合 代表
小林 武彦(東京大学定量生命科学研究所・教授)

Members
運営委員会メンバー

小林武彦

小林武彦(代表)

所属東京大学定量生命科学研究所
所属学会日本遺伝学会、日本分子生物学会
井関祥子

井関祥子(副代表)

所属東京医科歯科大学医歯学総合研究科
所属学会日本分子生物学会
松永幸大

松永幸大(副代表)

所属東京理科大学理工学部応用生物科学科
所属学会日本植物学会、日本植物生理学会、日本植物形態学会、日本細胞生物学会、日本遺伝学会、日本分子生物学会
片山豪

片山豪

所属高崎健康福祉大学人間発達学部
所属学会日本生物教育学会
中野明彦

中野明彦

所属理化学研究所光量子工学研究センター
所属学会日本細胞生物学会、日本生化学会、日本分子生物学会、日本生物物理学会、日本植物学会、日本植物生理学会

生物科学学会連合 歴代代表、
副代表、運営委員一覧

平成17-18年度

代表 大森 正之
副代表 浅島  誠

平成19-20年度

代表 浅島  誠
副代表 宮島  篤

平成21-22年度

代表 宮島  篤
副代表 入江 賢児

平成23-24年度

代表 浅島  誠
副代表 福田 裕穂
副代表 長濱 嘉孝
運営委員 宮島  篤
運営委員 入江 賢児

平成25-26年度

代表 浅島  誠
副代表 福田 裕穂
副代表 長濱 嘉孝
運営委員 宮島  篤
運営委員 入江 賢児

平成27-28年度

代表 中野 明彦
副代表 浅島  誠
副代表 宮島  篤
運営委員 入江 賢児
運営委員 石野 史敏

平成29-30年度

代表 中野 明彦
副代表 入江 賢児
副代表 小林 武彦
運営委員 宮島  篤
運営委員 石野 史敏

※代表制導入後以降

Policy
活動方針

生物科学学会連合は、生物科学関連の学協会が連携して、生物科学の健全な発展を目指し1999年に設立されました。現在次の3つの委員会を中心に活動しています。

  • 生物科学の研究者の置かれている教育・研究環境の改善を目指す「研究費・人材育成委員会」
  • 高校生の生物離れ、および生物教育内容・入試・用語の問題を検討する「生物教育・大学入試問題検討委員会」
  • 地球環境の悪化に伴う生物多様性減少の問題に取り組む「地球生物プロジェクト委員会」

またこれらの委員会の活動以外にも、生物科学および生命科学に関する様々な教育・研究活動を支援しております。

研究費・人材育成委員会

活動方針

研究費・人材育成に関しては問題点が多岐に渡り、研究者コミュニティーからの発信の必要性があるため、意見書を作成し関係省庁への提出することを目標とする。また、生物学分野固有の問題に対するきめ細かいグランティング制度の確立するため、アンケート調査を行い、分析・検討を行う。

委員長

井関祥子

幹事団体

  • 日本味と匂学会
  • 日本解剖学会
  • 日本細胞生物学会
  • 日本実験動物学会
  • 日本植物生理学会
  • 日本比較内分泌学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本免疫学会
  • 日本生理学会
  • 日本薬理学会

生物教育・大学入試問題検討委員会

活動方針

生物履修者や受験科目選択者の減少という現状は、生物学への理解が十分でないことが一因になっていると考えられるため、高校生物の履修者や大学入試の生物選択者の増加を目的にし、高校生物教育において教材や情報の提供といった内容充実への支援、中高生が生物学の魅力に触れる機会を設けるなど、生物科学に関する興味・関心・能力ある人材の育成などについて検討を重ねていく。

委員長

片山 豪

幹事団体

  • 日本宇宙生物科学会
  • 日本植物学会
  • 日本植物形態学会
  • 日本神経化学会
  • 日本神経科学学会
  • 日本生化学会
  • 日本生物教育学会
  • 日本蛋白質科学会
  • 日本発生生物学会

地球生物プロジェクト委員会

活動方針

昨今の生物科学分野は、その細分化により生物学研究者全体からの大局に立ったメッセージがないのが現状である。そこで生き物の共生体としての地球を守るマインドを育てる啓発活動を行うとともに、人間の義務、役割、多様性維持の意義といった観点から対応策を検討していく。

委員長

小林武彦

幹事団体

  • 染色体学会
  • 日本遺伝学会
  • 日本時間生物学会
  • 日本進化学会
  • 日本生態学会
  • 日本生物物理学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本分類学会連合
  • 日本比較生理生化学会
  • 個体群生態学会
  • 日本動物学会
  • 日本微生物生態学会

Essey
リレーエッセイ

2019.09.03研究・人材育成研究を通じて得られること「本気、夢中、強み、プロ意識」
筆者:松永幸大

Members
所属学会

特定非営利活動法人

個体群生態学会

会長:松田 裕之
1961年設立
会員数:270名
〒 603-8148
京都市北区小山西花池町1-8
(株)土倉事務所内 個体群生態学会事務局
Tel:075-451-4844
Fax:075-441-0436

E-mail:bwa36248@nifty.ne.jp
URL:http://www.population-ecology.jp/

生物の個体群に関係した生態学や進化学の発展を はかるため、大会を年1回開催。日本の生態学分野 の英文誌としてもっとも歴史が長く、国際的評価 も高 いPopulation Ecologyを年4回発行。若手 研究者 の顕彰などにも取り組んでいる。

一般財団法人

染色体学会

理事長:福井 希一
1949年設立
会員数:208名
〒 108-8639
東京都港区白金台4-6-1
東京大学医科学研究所2号館3階西側
病態医療科学分野内
Tel:03 5449 5299
Fax:03 5449 5418
E-mail:hitochromo@cbms.k.u-tokyo.ac.jp
URL:http://www.org.kobe-u.ac.jp

染色体に関する学理およびその応用研究の進展と 知識の普及を図ることを目的に、年一回学術集会、 市民公開講座を全国各地で開催し、学会英文誌 Chromosome Scienceを年4巻発行している。優れ た業績を挙げた研究者に対する学会賞や論文賞、 若手を対象とした年会におけるベストプレゼン テーション賞などの顕彰事業も行っている。また、 アジアの染色体研究拠点として国際会議ACCを 運営し、積極的に国際化を推進している。

日本味と匂学会

会長:三輪 高喜
1991年設立
会員数:715名
〒 920-0293
石川県河北郡内灘町大学1-1
金沢医科大学医学部耳鼻咽喉科学内
Tel:076-286-2211
Fax:076-286-5566
E-mail:jasts@kanazawa-med.ac.jp
URL:http://jasts.com

本学会は、前身である「日本味と匂のシンポジウ ム」が1967年に発足して以来、味と匂いに関す る科学の広範な研究の進展を図るため、学術大会 の年1回開催、日本味と匂学会誌等の年3回刊行、 メーリングリストの運用等により会員の交流を促 進し、顕彰事業などを通して若手研究者の育成に も積極的に取り組んでいる。また、アジア地区連 携シンポジウムを開催するなど、国際化の促進を はかっている。

公益財団法人遺伝学普及会

日本遺伝学会

会長:小林 武彦
1920年設立
会員数:721名
〒 411-8540
静岡県三島市谷田1111
国立遺伝学研究所内
Tel/Fax:055-981-6736
E-mail:japgenet@nig.ac.jp
URL:https://gsj3.org

年1回の大会、市民公開講座、年数回の談話会を開催。国際誌「Genes&GeneticSystems(年6回)」、ニュースレター「GSJコミュニケーションズ(年3回)」発行。学会賞(木原賞)、奨励賞、ベストペーパー賞、GGSprizeを設け、優れた研究を表彰。昨年度より退職した研究者の活躍の場「シニア科学アカデミー」を設立。分子から集団、エピジェネティクスまで幅広い分野をカバー。

一般社団法人

日本宇宙生物科学会

理事長:保尊 隆享
1987年設立
会員数:250名
〒 162-0808
東京都新宿区天神町78
Tel:03-3235-2062
Fax:03-3268-3023
E-mail:jsbss-office@spacebio.sakura.ne.jp
URL:http://www.jsbss.jp/

本会は、宇宙環境を利用して宇宙的な視野で生命現象を理解し、生物科学を宇宙に普遍的な科学へと発展させることを目的として設立されました。学術集会、公開講演会の開催、学会誌Biological Sciences in Spaceの発行、優れた研究の顕彰などを通して、宇宙生物科学研究の振興と発展、研究者の交流や協力の促進、研究成果の発信と普及を図っています。また、国内外の関係団体と連携して、人類の長期宇宙居住をめざした活動も進めています。

一般社団法人

日本解剖学会

理事長:八木沼洋行
1887年設立
会員数:2,340名
〒 170-0003
東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル
一般財団法人 口腔保健協会内
Tel:03-3947-8891
Fax:03-3947-8341
E-mail:gakkai24@kokuhoken.or.jp
URL:http://www.anatomy.or.jp/

本会は明治26年(1893年)に創設された長い歴史を持つ学会であり、肉眼解剖学から分子構造の解明まで、様々なレベルの構造のかたちを観察・解明することを通じて、ヒトをはじめとする生物の生理機能を理解することを目指しています。毎年3月の総会・全国学術集会のほか、支部学術集会の開催、英文学術誌Anatomical Science Internationalの刊行、 解剖組織技術者の認定などを行っています。

一般社団法人

日本細胞生物学会

会長:大野 博司
1950年設立
会員数:1,244名
〒 602-8048
京都市上京区下立売通小川東入
Tel:075-415-3661
Fax:075-415-3662
E-mail:jscb@nacos.com
URL:http://www.jscb.gr.jp/

本会は細胞生物学の進歩発展を図ることを目的として、学術集会 の開催、学会誌Cell Structure and Functionの刊行、会報の発行、国際細胞生物学連合やアジア太平洋細胞生物学連合の活動への 協力などを行っています。細胞生物学は、電子顕微鏡技術の発展、分子イメージング技術の発達、各種生化学的技術の開発、分子生 物学と細胞工学・遺伝子工学の導入によって急速に進歩し、動物・ 植物を問わず、細胞の生命現象の解明は急速に進み、その成果は確実に医学・農学・薬学等へ応用されてきました。今や細胞生物学は生命科学の中心であり、本会はその進歩発展、次世代の若手研究者の育成に貢献していきたいと考えています。

日本時間生物学会

理事長:深田 吉孝
1995年設立
会員数:661名
〒 464-8601
愛知県名古屋市千種区不老町
名古屋大学トランスフォーマティブ
生命分子研究所内 吉村崇(事務局長)
Tel/Fax:052-789-4069
E-mail:chronobiology.jp@gmail.com
URL:http://chronobiology.jp/

基礎科学から応用科学に至る時間生物学の広い領 域から研究者が結集している学会である。学術集 会を年1回開催するほか、機関誌「時間生物学」を 年2回発刊している。また、米国生物リズム研究会 や欧州生物リズム学会と協力し、国際学術集会や若手向けの教育コース「時間生物学サマースクール」を定期的に開催している。さらにアジア時間生物学フォーラムやアジア睡眠学会と国際学術会議を共同開催している。

公益社団法人

日本実験動物学会

理事長:浦野 徹
1951年設立
会員数:1,069名
〒 113-0033
東京都文京区本郷6-26-12
東京RSビル3F
Tel:03-3814-8276
Fax:03-3814-3990
E-mail:JDK06323@nifty.ne.jp
URL:http://www.jalas.jp/

実験動物はライフサイエンス研究や医薬品開発等の分野で多用され、動物実験はそれらの研究開発に不可欠な手段として広範な分野で実施されています。日本実験動物学会は、マウスから霊長類まで多様な実験動物に関する基礎及び応用研究、動物実験に関する技術開発等に携わる研究者、技術者を主な会員とし、年1回の定期学術集会、学術シンポジウムや動物実験の適正化に関するセミナー等の開催、学会誌Experimental Animalsの刊行を行っています。

公益社団法人

日本植物学会

会長:三村 徹郎
1887年設立
会員数:約1,940名
〒 113-0033
東京都文京区本郷2-27-2
エスペランサV2階
Tel:03-3814-5675
Fax:03-3814-5352
URL:http://bsj.or.jp/

植物学に関する研究の進展と知識の普及を図り、それによって学術全般の発展に寄与することを目的に設立された学術団体です。(1)学術集会、講演会、講習会等の開催、(2)国際学術雑誌「Journal of Plant Research」、その他出版物の発行、(3)調査及び研究、(4)学会賞を制定し、植物科学の進歩に貢献した者、もしくは将来の貢献が期待される者の表彰ならびに研究の奨励、(5)国内外の関係学術団体との連絡及び協力を行っています。

日本植物形態学会

会長:峰雪 芳宣
1988年設立
会員数:243名
〒 112-8681
文京区目白台2-8-1
日本女子大学理学部物質生物科学科内
Tel:03-5981-3663
Fax:03-5981-3663
E-mail:n-nagata@fc.jwu.ac.jp
URL:http://square.umin.ac.jp/pl-morph/

日本植物形態学会は、植物の形態・構造、そしてその機能に関連した分野の研究者が、新しい技術や理論、そして研究の発展方向などを積極的に議論し、実質的な相互の交流の場を持とうという趣旨のもと1988年1月に設立された学術研究団体です。
総会・大会を年1回開催しているほか、学会誌PLANT MORPHOLOGYを年1回、刊行しています。また、植物形態学分野で優れた業績を挙げた研 ジ「みんなのひろば」は年間アクセスが230万件を 究者/研究の顕彰も行っています。

一般社団法人

日本植物生理学会

会長:三村 徹郎
1959年設立
会員数:2,130名
〒 602-8048
京都市上京区下立売小川東入
西大路町146番地
Tel:075-415-3661
FAX:075-415-3662
URL:https://www.jspp.org/

本学会は、多様な植物と微生物を対象とし基礎研究と 応用研究に携わる研究者による学術団体で、若手会員と外国人会員の比率が高いのが特徴です。2019年は 創立60周年にあたり、記念事業として台湾植物学会との合同シンポジウムを開催しました。学会誌Plant & Cell Physiologyは国際的評価も高く(2018年5-year IF=4.454)、また学会ウェブサイトの一般向けページ「みんなのひろば」は年間アクセスが280万件に及び、植物科学研究のアウトリーチに大きく貢献しています。

一般社団法人

日本進化学会

会長:河村 正二
1999年設立
会員数:約1,200名
〒 102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-15 6階
株式会社クバプロ内
Tel:03-3238-1689
Fax:03-3238-1837
E-mail:shinka@kuba.jp
URL:http://sesj.kenkyuukai.jp

日本進化学会は、進化に関する広範な研究および教育を推進 し、我が国におけるこの分野の発展に寄与することを目的に設立されました。年1回の学術集会では、研究発表、優秀発表 の表彰、初心者向け教育プログラム、高校生発表会、市民向け講演会を行っています。日本進化学会賞、研究奨励賞、教育啓発賞により研究の奨励と一般への研究成果の発信を 行っています。年3回の日本進化学会ニュースを発行し、会員間での情報の共有を行っています。国内外の関係団体と国際 学会などの共催を通して進化学の国際化に寄与しています。

日本神経化学会

理事長:小泉 修一
1958年設立
会員数:1,230名
〒 160-0016
新宿区信濃町35信濃町煉瓦館
(一財)国際医学情報センター内
Tel:03-5361-7107
Fax:03-5361-7091
E-mail:jsn@imic.or.jp
URL:http://www.neurochemistry.jp/

日本神経化学会は「神経化学」を標榜する世界の学会の中で最も長い歴史と最大級の会員数を有します。脳とこころの病気の原因や発症の仕組みを分子実体として明らかにし、さらにそこか らサイエンスの新しい地平線を切り開くことが主たる使命です。年次大会では神経生物学、神経薬理学、神経生化学、精神医学、 神経内科学を中心とした基礎研究者と臨床医学者が集い、熱い討論を繰り広げています。次世代の人材を輩出する場として「神経化学の若手研究者育成セミナー」の運営を行っています。社会とともに歩む学会として日々の活動紹介に努めています。

日本神経科学学会

会長:伊佐 正
1974年設立
会員数:6,000名
〒 113-0033
東京都文京区本郷7丁目2-2
本郷ビル9F
Tel:03-3813-0272
Fax:03-3813-0296
E-mail:office@jnss.org
URL:https://www.jnss.org/

脳・神経系に関する基礎・臨床及び応用研究を推進し、その成果を社会に還元、ひいては人類の福祉や文化の向上に貢献すべく、神経科学研究者が結集した学術団体です。国際的な学術集会を毎年開催するとともに、英文学術誌Neuroscience Researchを発 行して 研究成果を世界に向けて発信しています。また、利用無料のオンライン辞典である脳科学辞典を主催し、学術集会に連動して市民公開講座を開催するなど、社会へのアウトリーチ活動にも積極的に取り組んでいます。

日本人類学会

会長:篠田 謙一
1884年設立
会員数:693名
〒 602-8048
京都市上京区下立売通小川東入ル西大路町146
Tel:075-415-3661
Fax:075-415-3662
E-mail:asn@nacos.com
URL:http://anthropology.jp/

人類学は、自然人類学と文化人類学に大別されます が、前者は「生物としてのヒト」を総合的に研究する 学問で、ヒトとは何かを科学的に偏りなく理解し、実 証的で妥当性のある人間観を確立することを目標とし ています。日本人類学会はこのような研究に寄与する 団体です。英文と和文の機関誌を発行するほか、年 に1度の学術集会を開催しています。また、一般市 民向けの講演会や小中高校生向けの講座を開催し、 社会への情報の発信に努めています。

公益社団法人

日本生化学会

会長:山本 雅之
1925年設立
会員数:8,100名
〒 113-0033
東京都文京区本郷5-25-16
石川ビル3階
Tel:03-3815-1913
Fax:03-3815-1934
E-mail:jbs-ho@.jbsoc.or.jp
URL:http://www.jbsoc.or.jp/

日本生化学会は90年以上の長い歴史を持つ組織です。生命現象を分子レベルで解明することを目指す生化学に関連する研究、教育、普及、行政活動を幅広く支援しています。各地域の会員で構成される8つの支部も、それぞれが活発な活動を行っています。アジア・オセアニア生化学分子生物学者連合FAOBMBの日本窓口も務めています。和文誌「生化学」を年6回、英文誌 「Journal of Biochemistry」を年12回発行しています。

一般社団法人

日本生態学会

会長:占部城太郎
1953年設立
会員数:4,010名
〒 603-8148
京都市北区小山西花池町1-8
Tel/Fax:075-384-0250
E-mail:office@mail.esj.ne.jp
URL:http://www.esj.ne.jp/esj/

日本生態学会は、生態学の進歩と普及を図ることを目的とし、生態学およびその関連分野に関わる研究を推進するため、研究者をはじめ関連する職業や学生の方々を会員として1953年に設立されました。近年は、自然保護や生態系管理に関する提言のほか、英文誌の充実、学会大会での英語発表の推進や学位取得者のキャリア支援などにも力を入れて活動を行っています。また、生物多様性や気候変動などの問題を通じて、当会と社会への関わりの幅をこれまで以上に広げています。

一般社団法人

日本生物教育学会

会長:渥美 茂明
1955年設立
会員数:約900名
〒 113-0033
東京都文京区本郷2-26-11
浜田ビル6階 中西印刷株式会社東京営業部内
Tel:03-3816-0738
Fax:03-3816-0766
E-mail:sbsej@nacos.com
URL:http://sbsej.jp/

日本生物教育学会は、生物教育に関わる学術的研究および実践的研究の振興を目的として活動していま す。会員の研究活動の交流の場として、会誌『生 物教育』を刊行し、全国大会を毎年開催しています。大学入試センター試験問題検討委員会は試験問題を分析検討し、改善を提言しています。国際交流委員会を通じてアジア生物学教育協議会(AABE)に協力しています。また、日本生物学オリンピック運営に参画しています。

一般社団法人

日本生物物理学会

会長:原田 慶恵
1960年設立
会員数:約3,000名
〒 602-8048
京都府京都市上京区下立売通 小川東入る
Tel:075-415-3661
Fax:075-415-3662
E-mail:bpsjp@biophys.jp
URL:http://www.biophys.jp/

本学会は、“物理的科学の方法と生物的科学の融合による生命現象の基本的理解”を目的として設立されました。この目的を達成するために、年1回学術集会を開催するとともに、学会誌“生物物理”およびOn-line journal “Biophysics and Physicobiology”を発行しています。また、若手研究者の育成のため、若手奨励賞、学生発表賞による顕彰、海外派遣の支援等を行っています。国際生物物理学連合、アジア生物物理学連合と協力し、生物物理学の振興にも貢献しています。

一般社団法人

日本生理学会

理事長:丸中 良典
1922年設立
会員数:2,813名
〒 160-0016
東京都新宿区信濃町 煉瓦館5階
(一財)国際医学情報センター内
Tel:03-5361-7277
Fax:03-5361-7091
E-mail:psj@imic.or.jp
URL:http://physiology.jp/

日本生理学会は生命現象の仕組みを分子から個体までのあらゆるレベルで明らかにするための研究を進めている。これらの研究成果は、日本生理学会大会、各地で開催される地方学術集会、J Physiol Sci(英文学術雑誌)、日本生理学雑誌(和文学術雑誌)において発表されている。なお2018年より、J Physiol SciはWeb版のみ発行。2020年3月には別府国際コンベンションセンターにて、第97回日本生理学会大会を開催する。

一般社団法人

日本蛋白質科学会

会長:三木 邦夫
2001年設立
会員数:1,394名
〒 562-0015
大阪府箕面市稲4-1-2
Tel:072-729-4125
Fax:072-729-4165
E-mail:jimu@pssj.jp
URL:http://www.pssj.jp/

日本蛋白質科学会は2001年に設立され、広く蛋白質 に関する科学の研究を推進し、わが国における学術 の発展に寄与することを目的としています。年に1回 の年会の開催、学術集会・講演会の開催、電子メー ルによるニュースレターの発行、蛋白質科学会アーカ イブによるオンラインの情報発信、アジア環太平洋地 域における蛋白質科学の国際連携などの活動を行っ ています。蛋白質科学の研究や教育に関わる次世代 の人材育成にも力を入れています。

公益社団法人

日本動物学会

会長:岡 良隆
1878年設立
会員数:2,016名
〒 113-0033
東京都文京区本郷7-2-2
本郷MTビル4階
Tel:03-3814-5461
Fax:03-3814-6216
E-mail:zsj-society@zoology.or.jp
URL:http://www.zoology.or.jp/

動物科学研究の発展と普及を目的とし、学術集会を年1回開催、全国7支部における支部会、一般向け講演会開催も活発に行っている。Zoological Science、また2015年よりOA誌Zoological Lettersを刊行。動物学会賞や女性研究者奨励OM賞など多彩な賞を有している。支部大会を含めた、大会における高校生ポスター発表は、すでに20年近い歴史を持っている。またZooDiversityWebを構築。本会が目指す「多様性研究」の一助となるよう全世界の動物学者に利用を呼び掛けている。http://zdw.zoology.or.jp/平成24年7月公益社団化、平成25年9月税額控除団体として認定。

公益社団法人

日本農芸化学会

会長:吉田 稔
1924年設立
会員数:10,492名
〒 113-0032
東京都文京区弥生2-4-16
学会センタービル内
Tel:03-3811-8789
Fax:03-3815-1920
E-mail:shomu@jsbba.or.jp
URL:http://www.jsbba.or.jp/

“農芸化学” は、生命現象を化学的に解析し、その 有用機能を農業生産、加工品生産などに応用展開し、 社会還元を目指す日本で独自に発展した研究・教育 分野です。日本農芸化学会は、この分野の進歩を通
じて科学・技術・文化の発展に寄与することで人類 の福祉の向上に資することを目的に1924年に設立され ました。現在、創立100周年に向けて、「生命」「食」「環 境」の3つをキーワードとして、さらなる発展を期して 活動を強化しています。

一般社団法人

日本発生生物学会

会長:武田 洋幸
1968年設立
会員数:約1,100名
〒 650-0047
神戸市中央区港島南町2-2-3
理化学研究所 生命機能科学研究センター内
Tel:078-306-3072
Fax:078-306-3072
E-mail:jsdbadmin@jsdb.jp
URL:http://www.jsdb.jp/

本学会は発生生物学の進歩と普及に努めることを目的として設立されました。国際誌Development, Growth & Differentiationを刊行し、また年1回の大会を開催しています。さらに、国際発生生物学会の構成学会としての活動に加え、年会の英語化、アジア太平洋発生生物学会ネットワーク(APDBN)形成、外国の発生生物学会との合同ミーティング開催、および若手研究者の海外派遣支援プログラムなどによって国際化を進めています。2019年に一般社団法人になりました。

日本比較生理生化学会

会長:尾崎まみこ
1978年設立
会員数:406名
〒 657-8501
兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1
神戸大学大学院理学研究科生物学専攻
生体分子機構講座 分子生理教育研究分野内
Tel:078-803-5718
Fax:078-803-5770
E-mail:office@jscpb.org
URL:https://jscpb.org/

本学会は、広範な生命現象の理解を目指し、比較生理生化学とこれに関連 する学術研究を振興して参りました。地球上に共存する多様な生物が進化の過程で獲得してきた、環境に巧みに適応するしくみを、「比較」の立場から 明らかにすることを目的としています。年1回の全国大会、合同シンポジウムな どを開催し、年3回、学術雑誌「比較生理生化学」を刊行しています。高い研究水準を保ちつつもまた、広く社会に貢献できる学会を念頭に、出版事業、教育活動を積極的に推進し、学会ホームページ上では、今日的なトピックスを平易に解説した「動物の生きるしくみ事典」や本学会員が用いている研究材料の紹介なども行い、この分野の魅力を知ってもらう取り組みを重ねています。

日本比較内分泌学会

会長:高橋 明義
1975年設立
会員数:約470名
〒 252-0373
神奈川県相模原市南区北里1-15-1
北里大学海洋生命科学部魚類分子内分泌学研究室内
日本比較内分泌学会事務局
Tel:042-778-9144
Fax:042-778-5010
E-mail:office@jsce1975.jp
URL:http://www.jsce1975.jp

“日比内” は理学、農学、医学、薬学、化学など多様な分野の研究者が集い、内分泌現象を進化の視点から追及しています。毎年大会とシンポジウムを開催しつつこれまでに4回、国際学会を主催してきました。学会誌「比較内分泌学」を 年3回刊行しているほか、論文発表の場としてGeneral and Comparative Endocrinology誌(Elsevier)と提携しています。また教育と社会貢献の一環としてホルモンの分子生物学シリーズ、ホルモンから見た生命現象と進化シリーズやHandbook of Hormones等、多数の書籍を出版しています。

日本微生物生態学会

会長:鎌形 洋一
1985年設立
会員数:約1,000名
〒 305-8566
茨城県つくば市東1-1-1 中央第6-10
産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門
生物資源情報基盤研究グループ 内
日本微生物生態学会事務局
Tel/Fax:029-861-6591
URL:http://www.microbial-ecology.jp/

微生物生態学は環境微生物学のほか、微生物生理学、微生物系統進化学、微生物ゲノム科学、公衆衛生学、食品微生物学、環境バイオテクノロジーなどを網羅し、地球システム全体をその研究対象とする総合的学問である。微生物生態学会はそれらを包括する学会として設立された。学術集会を年1回開催するほか、日本土壌微生物学会、台湾微生物生態学会ならびに植物微生物研究会との共同編集により学術誌Microbes and Environments(IF=2.909)を年4回刊行する。

特定非営利活動法人

日本分子生物学会

理事長:阿形 清和
1978年設立
会員数:約12,700名
〒 102-0072
東京都千代田区飯田橋2-11-5
人材開発ビル4階
Tel:03-3556-9600
Fax:03-3556-9611
E-mail:info@mbsj.jp
URL:https://www.mbsj.jp/

分子生物学は生命現象を分子レベルで解明することを目指して今日まで発展してきました。学問の新しい流れに大胆且つ柔軟に取り組み、分子生物学という共通言語を使ってボーダーレスに議論するために設立されたのが分子生物学会です。この『学際的』で自由な雰囲気こそが本学会のアイデンティティーとなっています。学術年会を年1回開催するほか、学会誌Genes to Cellsを刊行、また高校への講師派遣、年会での高校生発表会等を通じて、次世代教育にも積極的に取り組んでいます。

日本分類学会連合

代表:細矢 剛
2002年設立
会員数:加盟学会25学会
〒 305-0005
茨城県つくば市天久保4-1-1
国立科学博物館植物研究部
Tel:029-853-8973
Fax:029-853-8401
E-mail:hosoya@kahaku.go.jp
URL:http://www.ujssb.org/

本連合は日本の生物分類学に関わる25学会の連合組織であり、分類学に関わる研究教育の発展・普及を目指して設立されました。ニュースレターを年2回発行し、毎年1月初旬に分類学に関連するシンポジウムを国立科学博物館で開催しています。最近、大学や博物館の分類学的標本の維持が難しくなってきた世相に大変な危機感を持っています。標本から得られ る情報の重要性をアピールする活動が必要だと考えています。

特定非営利活動法人

日本免疫学会

理事長:清野 宏
1970年設立
会員数:4,005名
〒 101-0024
東京都千代田区神田和泉町1-4-2
KUMAKIビル2F
Tel:03-5809-2019
Fax:03-5809-2089
E-mail:info@meneki.or.jp
URL:http://www.jsi-men-eki.org/

日本免疫学会は、生体防御と生命恒常性を司る免疫 〈学〉の研究を発展させ、より広く世界に広めることを目指しています。年1回の学術集会の開催、日本免疫学会賞などの顕彰、学術誌 International Immunology やニュースレターの刊行によって会員の交流促進と若手研究者の育成に積極的に取り組んでいます。さらに、サマースクールや「免疫ふしぎ未来」などの活動を通して、一般社会に対しても免疫〈学〉の重要性をアピールし、研究への理解を深めていただく努力をしています。

公益社団法人

日本薬理学会

理事長:吉岡 充弘
1927年設立
会員数:4,298名
〒 113-0032
東京都文京区弥生2-4-16
学会センタービル
Tel:03-3814-4828
Fax:03-3814-4809
URL:http://www.pharmacol.or.jp/

本会は、薬理学に関する学理及び応用の研究についての知 識の普及、会員相互及び内外の関連学会との連携協力により、 薬理学の進歩を図るため、1)学術講演会等の開催事業、2) Journal of Pharmacological Sciences等学術誌の刊行事業、
3)研究業績の表彰事業、4)各国薬理学会との相互交流事 業を行っている。また、平成31年4月より内閣府の認可を受けて、 薬理学の知識の普及及び研究水準の向上に貢献することを目 的として、薬理学教育者に要求される資質、知識及び技量を 持つ会員を『薬理学エデュケーター』に認定する事業を開始した。

Contact
お問い合わせ

お名前必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
個人情報は生物科学学会連合への問い合わせのみに使用させて頂き、
取得した個人情報を同意なくして利用目的の範囲を超えて利用することはありません。
個人情報に関する権利を尊重し、取り扱いは個人情報保護法の定めに従います。
このことに同意いただける方のみ送信をお願い致します。
※送信をもって同意とさせていただきます。
back to page top