日本時間生物学会

約一日を周期とする様々な体内時計を中心に、多くの生 物リズムに関する基礎科学から臨床・社会医学に至る時 間生物学の広い領域から研究者が結集している学会で ある。学術集会を年1回開催するほか、学会誌「時間 生物学」を年2回発刊している。また、米国生物リズム 研究会や欧州生物リズム学会と協力し、国際学術集会や 若手向けの教育コース「時間生物学サマースクール」を定期的に開催している。さらにアジア時間生物学フォーラムやアジア睡眠学会と国際学術会議を共同開催している。

back to page top