日本農芸化学会

“農芸化学” は、生命現象を化学的に解析し、その 有用機能を農業生産、加工品生産などに応用展開し、 社会還元を目指す日本で独自に発展した研究・教育 分野です。日本農芸化学会は、この分野の進歩を通じて科学・技術・文化の発展に寄与することで人類 の福祉の向上に資することを目的に1924年に設立され ました。現在、創立100周年に向けて、「生命」「食」「環 境」の3つをキーワードとして、さらなる発展を期して 活動を強化しています。

back to page top